仏教知識

ここでは仏教の専門用語、知識について解説します。特に浄土真宗に関するものが中心になります。

宗教という性質上、教義として確かに定まっている部分と人によって解釈の分かれる部分があると思いますが、ここではなるべく客観的な内容になるよう気をつけました。

それぞれの記事には参考にした文献の一覧と関連する記事へのリンクがついています。

記事の並び替え

記事一覧

著者一覧

 今幾多 康二郎 (正覚寺)

阿弥陀経(仏説阿弥陀経)
【あみだきょう】
布施(布施波羅蜜)
【ふせ(ふせはらみつ)】
法名
【ほうみょう】
持戒(持戒波羅蜜)
【じかい(じかいはらみつ)】
観無量寿経(仏説観無量寿経)
【かんむりょうじゅきょう】
顕彰隠密
【けんしょうおんみつ】
無量寿経(仏説無量寿経)
【むりょうじゅきょう】
忍辱(忍辱波羅蜜)
【にんにく(にんにくはらみつ)】
六波羅蜜
【ろくはらみつ ろっぱらみつ】
三分科
【さんぶんか】
精進(精進波羅蜜)
【しょうじん(しょうじんはらみつ)】
禅定(禅定波羅蜜)
【ぜんじょう(ぜんじょうはらみつ)】

 伴林 晃紀 (松岸寺)

菩薩
【ぼさつ】
仏徳讃嘆
【ぶっとくさんだん】
仏恩報謝
【ぶっとんほうしゃ】
【がん】
御文章
【ごぶんしょう】
勤行
【ごんぎょう】
法蔵菩薩
【ほうぞうぼさつ】
顕浄土真実教行証文類
【けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい】
供養
【くよう】
【きょう】
経本の取り扱い
【きょうぼんのとりあつかい】
満中陰
【まんちゅういん】
命日
【めいにち】
お経
【おきょう】
七高僧
【しちこうそう】
四十八願
【しじゅうはちがん】
親鸞
【しんらん】
盂蘭盆
【うらぼん】

 南木 隆幸 (西法寺)

彼岸会
【ひがんえ】
報恩講
【ほうおんこう】
今様
【いまよう】
【こう】
年忌法要(法事)
【ねんきほうよう】
入仏法要・遷仏法要
【にゅうぶつほうよう・せんぶつほうよう】
和讃
【わさん】

 梯 良彦 (順照寺)

阿闍世(アジャータシャトル)
【あじゃせ】
阿難(アーナンダ)
【あなん】
阿那律(アニルッダ)
【あなりつ】
アシュヴァッタ樹
【あしゅぶぁったじゅ】
頻婆娑羅(ビンビサーラ)
【びんばしゃら】
曇鸞
【どんらん】
道綽
【どうしゃく】
富楼那(プールナ・マイトラーヤニープトラ)
【ふるな】
源信
【げんしん】
極楽浄土
【ごくらくじょうど】
花まつり
【はなまつり】
法然
【ほうねん】
韋提希(ヴァイデーヒー)
【いだいけ】
浄土
【じょうど】
十大弟子
【じゅうだいでし】
迦葉(カーシャパ)三兄弟
【かーしゃぱさんきょうだい】
摩訶迦旃延(マハーカーティヤーヤナ)
【まかかせんねん】
摩訶迦葉(マハーカーシャパ)
【まかかしょう】
目連(マウドガリヤーヤナ)
【もくれん】
往生
【おうじょう】
羅睺羅(ラーフラ)
【らごら】
蓮如
【れんにょ】
龍樹
【りゅうじゅ】
正信念仏偈
【しょうしんねんぶつげ】
須菩提(スブーティ)
【しゅぼだい】
釈尊
【しゃくそん】
舎利弗(シャーリプトラ)
【しゃりほつ】
初転法輪
【しょてんぼうりん】
天親
【てんじん】
優波離(ウパーリ)
【うぱり】
善導
【ぜんどう】

 檀特 諒行 (祐貞寺)

阿弥陀如来
【あみだにょらい】
仏飯
【ぶっぱん】
仏壇
【ぶつだん】
ちかいのうた
【ちかいのうた】
合掌 礼拝
【がっしょうらいはい】
重誓偈
【じゅうせいげ】
念珠
【ねんじゅ】
讃仏偈
【さんぶつげ】
さんだんのうた
【さんだんのうた】
しんじんのうた
【しんじんのうた】
焼香
【しょうこう】