和讃

【わさん】

和讃とは

和語(日本語)でぶつ菩薩ぼさつ高僧こうそうの徳や教えをたたえる歌をいう。仏教を日本的に解釈した親しみやすい仏教讃歌として平安時代中期から普及し、鎌倉時代に更に発展した。和讃は多くの人によって制作されたが、現存する量では親鸞の和讃が最大である。

親鸞の和讃

親鸞は『浄土じょうど和讃わさん』『高僧こうそう和讃わさん』『正像末しょうぞうまつ和讃わさん』の総称である『三帖さんじょう和讃わさん』を製作した。どの和讃も当時、流行歌であった「今様いまよう」に影響を受け、7・5調の4句を1首とする形態を基本としている。たくさんの人々が口ずさみ、より広くみ教えが広まるように製作した。

例1 「恩徳讃おんどくさん」 (『正像末和讃』より)

法要の終わりに歌うなど、よく親しまれている和讃である。現代語訳は以下のようになる。

【現代語訳】

阿弥陀仏の大いなる慈悲のめぐみは

身を粉にしてでも報いよう

釈尊をはじめ七高僧が勧めていただいたみ教えのめぐみも

骨をくだいても感謝しよう

 

例2 「さん阿弥陀あみだぶつ和讃わさん」5首目 (『浄土和讃』より)

こちらは字あまり・字足らずがない例として挙げる。この和讃は「正信しょうしん念仏ねんぶつ和讃」として日常の勤行の中で読まれることが多い。現代語訳は以下のようになる。

【現代語訳】

我執がしゅうから離脱している阿弥陀仏のさとりの光明照らす範囲には際限がない

その光を身に触れるものはみな

有無うむの偏見からはなたれると説かれる

平等の理法りほうをさとった阿弥陀仏に帰依きえするべきである

現在、浄土真宗の日常勤行ごんぎょうの中でもお経→念仏→和讃→回向えこう御文章ごぶんしょうといった流れで勤行の中に組み込まれることがある。『正信偈』においては六首ろくしゅきといって、『浄土和讃』の「さん阿弥陀あみだぶつ和讃わさん」3首目から8首目までの6首を念仏とぜながらつとめることが多い。

参考文献

[1] 『真宗小辞典』(法蔵館 1953年)
[2] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[3] 『今様の時代 変容する宮廷芸能』(沖本幸子 東京大学出版会 2006年)
[4] 『浄土真宗本願寺派のお経』(双葉社 1997年)

関連記事

今様
7・5調4句1首を基本形態とした歌で平安時代に入ってから新しくできた歌謡。文字通り今(当時)の世の中のあり様を歌ったもので、主に傀儡女(くぐつめ)(踊りながら歌......
今様
7・5調4句1首を基本形態とした歌で平安時代に入ってから新しくできた歌謡。文字通り今(当時)の世の中のあり様を歌ったもので、主に傀儡女(くぐつめ)(踊りながら歌......
勤行
『浄土真宗辞典』によれば勤行とは > [1] 仏道修行につとめること。 > (中略) > [2] 「おつとめ」ともいう。法要・儀式を執り行い、経典など......
菩薩
梵語(ぼんご)(サンスクリット)ボーディサットヴァ (bodhisattva) の音訳である菩提薩埵(ぼだいさった)を略したもの。ボーディは菩提(さとりの智慧(......
七高僧
七高僧とは 七高僧とは、親鸞(しんらん)が真実の教えを伝えた高僧(こうそう)として讃(たた)えた七人の僧侶たちのことである。具体的には インドの龍樹......