菩薩

【ぼさつ】

梵語ぼんご(サンスクリット)ボーディサットヴァ (bodhisattva) の音訳である菩提ぼだい薩埵さったを略したもの。ボーディは菩提(さとりの智慧ちえ)、サットヴァは薩埵(衆生しゅじょう)。菩提を得た者がぶつであり、それを目指す衆生が菩薩である。

初期にはさとりを得る前の釈尊しゃくそんを指す言葉であった。大乗だいじょう仏教ではさとりを求めて修行する者全てを指すようになった。

また、かんおん菩薩ぼさつだいせい菩薩ぼさつげん菩薩ぼさつ文殊もんじゅ菩薩ぼさつなど、すでに高い境地きょうちに達しており衆生の救済きゅうさいのためにはたらき続ける大菩薩の存在も説かれるようになった。

因位いんに果位かい

因位・果位 いんに・かい

因位は<いんい>とも読む. 仏道修行の過程において,まだ修行中の状態を<因位>,修行を完成させた状態を<果位>という.

(『岩波 仏教辞典 第二版』 P.63 より)

ここに引用したように、因位の菩薩が仏道ぶつどうを歩み修行を完成させることによって果位の仏になる。 その一方、すでに仏となったものが衆生の救済のために因位のすがたを示したものが菩薩であるとする見方もある。

因位から果位までの階梯かいてい

菩薩が仏になるまでの段階として『菩薩ぼさつ瓔珞ようらく本業ほんごうきょう』に説かれる五十二位説がよく用いられる。親鸞しんらんの『きょうぎょうしんしょう』の中にも『菩薩瓔珞本業経』について触れている箇所が幾つかある(後に引用ヶ所を幾つか示す)。

この五十二段階は下から順に十信じっしん十住じゅうじゅう十行じゅうぎょう十回向じゅうえこう十地じゅうじ等覚とうがく妙覚みょうがくとなっている。等覚は仏の一歩手前であり、妙覚は仏のことである。

五十二位
十信 1-10
十住 11-20
十行 21-30
十回向 31-40
十地 41-50
等覚 51
妙覚 52

『教行信証』では善導大師の『般舟はんじゅさん』が引用されており、その中で『菩薩瓔珞本業経』について触れられている。

またいはく(般舟讃 七一八)、「『瓔珞ようらくきょう』のなかには漸教ぜんぎょうけり。 万劫まんごうこうしゅして不退ふたいしょうす。 『観経かんぎょう』・『弥陀みだきょうとうせつは、すなはちこれ頓教とんぎょうなり、菩提ぼだいぞうなり」と。

(『浄土真宗聖典 -註釈版 第二版-』 P.198 より)

また別の箇所では同様に道綽どうしゃく禅師ぜんじの『安楽集』が引用されている。

ここをもつて玄中寺げんちゅうじしゃく和尚かしょう(道綽)のいはく(安楽集・下 二六〇)、 「(前略)『菩薩ぼさつ瓔珞ようらくきょう』によりて、つぶさに入道にゅうどう行位ぎょういべんずるに、法爾ほうになるがゆゑに難行なんぎょうどうづく」と。

(『浄土真宗聖典 -註釈版 第二版-』 P.415 より)

参考文献

[1] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[2] 『浄土真宗聖典 -註釈版 第二版-』(教学伝道研究センター 本願寺出版社 2004年)
[3] 『岩波 仏教辞典 第二版』(岩波書店 2002年)

関連記事

梵語(ぼんご)(サンスクリット)プラニダーナの意訳。目的や目標をたて、それを成就(じょうじゅ)しようと誓って願い求める意志のこと。誓願(せいがん)ともいう。 ......
法蔵菩薩
法蔵菩薩 梵語(ぼんご)(サンスクリット)ダルマーカラ (Dharmākara) の意訳。阿弥陀仏がさとりをひらく前、願を建(た)てて行を修めていたとき......
阿弥陀如来
阿弥陀如来とは、浄土真宗の本尊である。本尊とは宗教の信仰対象となるものである。 阿弥陀如来は、限りない智慧と慈悲をもってすべての者を必ず念仏の衆生に育て上げ、......
龍樹
ナーガールジュナ(150~250頃)。漢訳名(かんやくめい)は龍樹。 南インドに生まれる。多くの経典に精通し、「空」の思想を確立した。 龍樹以後の大乗仏教は多大な影響を受け、後に日本では八宗の祖とも称された。 著書に『中論』『大智度論』『十住毘婆沙論』など著書多数。 真宗七高僧第一祖。
天親
ヴァスバンドゥ(400頃~480頃)。漢訳名は天親または世親。 ガンダーラのプルシャプラ(現在パキスタン北西部ペシャワール)に生まれる。 初めは部派仏教に学び『倶舎論』などを撰述するが、兄の無着の勧めで大乗仏教に帰依する。 著書に『唯識三十頌』『唯識二十論』『十地経論』 『浄土論』(往生論)など多数あり、 その著書の多さから「千部の論師」と称えられる。 真宗七高僧第二祖。
親鸞
浄土真宗の宗祖。鎌倉時代の僧侶。浄土宗の宗祖である法然の弟子。
顕浄土真実教行証文類
概要 浄土真宗の宗祖である親鸞の主著。『教行信証』『教行証文類(もんるい)』『広文類(こうもんるい)』『本典(ほんでん)』などともいう。浄土真宗の教義体系が......