【がん】

梵語ぼんご(サンスクリット)プラニダーナの意訳。目的や目標をたて、それを成就じょうじゅしようと誓って願い求める意志のこと。誓願せいがんともいう。

例えば、阿弥陀仏あみだぶつはその因位いんにのすがたである法蔵菩薩ほうぞうぼさつのときにがんをたて、その願を成就すべく修行しゅぎょうした。そして願を成就し、さとりをひらいた果位かいのすがたである阿弥陀仏となった。

願には総願そうがん別願べつがんとがある。すべてのぶつ菩薩ぼさつに共通する願を総願といい、それぞれの仏・菩薩に固有の願を別願という。

法然ほうねんは『選択せんじゃく本願ほんがん念仏ねんぶつしゅう』で以下のように述べている。

わたくしにいはく、一さい諸仏しょぶつおのおの総別そうべつしゅがんあり。 「そう」といふは四弘誓ぐぜいがんこれなり。 「べつ」といふは釈迦しゃかの五ひゃく大願だいがん薬師やくしの十二の上願じょうがんとうのごときこれなり。 いまこの四十八のがんはこれ弥陀みだ別願べつがんなり。 (『浄土真宗聖典 七祖篇 -註釈版-』 P.1202より)

総願

総願とは弘誓ぐぜいがんのことである。四弘誓願とは、

  1. 衆生しゅじょう無辺むへん誓願せいがん
    (一切の衆生をさとりの岸にわたそうという誓願)
  2. 煩悩ぼんのう無尽むじん誓願せいがんだん
    (一切の煩悩をとうという誓願)
  3. 法門ほうもん無量むりょう誓願せいがんがく
    (一切の教えを学びとろうという誓願)
  4. 仏道ぶつどう無上むじょう誓願せいがんじょう
    (この上ないさとりを成就しようという誓願)

をいう(それぞれ『浄土真宗辞典』 P.266より引用した)。

なおしち高僧こうそう源信げんしんは『往生おうじょう要集ようしゅう』で以下の4つを挙げている(『浄土真宗聖典 七組篇 -註釈版-』 P.903より引用)。

  1. 衆生しゅじょう無辺むへん誓願せいがん
  2. 煩悩ぼんのう無辺むへん誓願せいがんだん
  3. 法門ほうもん無尽むじん誓願せいがん
  4. 無上むじょう菩提ぼだい誓願せいがんしょう

願文がんもんに若干の違いがあるが、意味は同じである。

別願

別願とは

特別の願,すなわち仏・菩薩がそれぞれ独自の立場から立てた誓願せいがんのこと. (『岩波 仏教辞典 第二版』 P.895より)

である。先に引用したように、法然は別願として釈迦しゃかぶつの五百願、薬師やくしぶつの十二願、阿弥陀仏の四十八願を挙げている。

総願と別願

参考文献

[1] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[2] 『岩波 仏教辞典 第二版』(岩波書店 2002年)
[3] 『浄土真宗聖典 七祖篇 -註釈版-』(浄土真宗教学研究所 浄土真宗聖典編纂委員会 本願寺出版社 1996年)

関連記事

四十八願
全体の解説 四十八願(しじゅうはちがん)とは、阿弥陀仏(あみだぶつ)が因位(いんに)の法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)のときにおこした四十八種の誓願(せいがん)の......
阿弥陀如来
阿弥陀如来とは、浄土真宗の本尊である。本尊とは宗教の信仰対象となるものである。 阿弥陀如来は、限りない智慧と慈悲をもってすべての者を必ず念仏の衆生に育て上げ、......
釈尊
誕生 釈尊(しゃくそん)は、紀元前624年~463年頃(諸説あり)、ネパール南部のルンビニー(現在ルンミディ村)で、コーサラ国の属国であるカピラヴァストゥ(......