蠟燭

【ろうそく】

浄土真宗の本尊である阿弥陀あみだ如来にょらいは様々なみょうを持つ。そのひとつに阿弥陀如来の影像えいぞうぞう)や木像の背に光が放たれていることから光明こうみょう本尊という名がある。この光明は蠟燭の光であらわされ、智慧ちえの光を意味するものである。(仏教知識「供養」「仏壇」参照)

浄土真宗の寺院で用いる蠟燭は形が二種、色は四色に分けられる。まっすぐな棒形ぼうがたとくびれたいかりがたである。主に碇形を用いることが多い。

碇形、棒形

色は白蠟はくろう朱蠟しゅろう金蠟きんろう銀蠟ぎんろうである。

白蠟、朱蠟、金蠟、銀蠟
  • 白蠟 …… 日常の勤行ごんぎょうに用いる。
  • 朱蠟 …… 報恩講ほうおんこう法要や七回忌以降の年忌法要に用いる。
  • 金蠟 …… 結婚式(仏前結婚式)や慶讃きょうさん法要に用いる。
  • 銀蠟 …… 葬儀、追悼ついとう法要、三回忌までの年忌法要に用いる。

金蠟、銀蠟は白蠟の上から金箔きんぱく銀箔ぎんぱくを押したものである。金は朱、銀は白に代用も可能である。

てんしょく(蠟燭に火を灯すこと)しないときは木蠟もくろうを立てる。木蠟とは朱塗りの木製蠟燭である。木蠟は木製なのでイミテーションである。

木蠟

寺院では原則として蠟燭を使うと規定されているが、洋蠟燭を用いている寺院も多い。

和蠟燭、洋蠟燭

この令和時代、洋蠟燭は百円均一店でも求めることが可能で安価なものであるが、江戸時代までの和蠟燭は大変貴重で高価なものであった。このため、部屋を灯すには一般的にたねあぶらを用いる灯心を使っていた。現代においても和蠟燭は京都などの専門店で取り扱われ高価なものである。

蠟燭を消す場合はしんきりばしまたはしんきりばさみを用いる。口で吹いたり手などであおいだりしてはいけない。また、次の画像のような「蠟燭消し」もある。

蠟燭消し

また表記は蠟燭であり、蝋燭、ロウソク、ローソクとは使わない。

参考文献

[1] 『浄土真宗本願寺派 法式規範(改訂版)』(浄土真宗本願寺派 勤式指導所 本願寺出版社 1999年)
[2] 『真宗門徒の仏事作法 お内仏のお給仕』(法蔵館 真宗仏事研究会 編 1984年)

関連記事

供養
定義 まず供養という言葉の定義を確認する。『浄土真宗辞典』と『岩波 仏教辞典 第二版』にはそれぞれ以下のように書かれている。 > 敬いの心をもって奉仕......
仏壇
浄土真宗における仏壇とはご本尊として阿弥陀如来を安置するところである。 本尊 仏壇の中にある阿弥陀如来の絵像は、本来目に見えないものを表したもので......
入仏法要・遷仏法要
「入仏法要(にゅうぶつほうよう)」 新しく仏壇を迎える際には「入仏法要」を勤(つと)める。仏壇を迎えるということはその宗派の本尊(ほんぞん)を拠(よ)り所(......
年忌法要(法事)
年忌法要とは 年忌法要とは亡くなった人を偲(しの)び、その人の命日をご縁として阿弥陀仏を讃嘆し、その教えを聴聞(ちょうもん)する法要である。 浄土真宗の教......