親鸞伝絵(御伝鈔)

【しんらんでんね(ごでんしょう)】

親鸞伝絵は本願寺第三代覚如かくにょ宗祖しゅうそ親鸞しんらんの生涯を表した絵巻物である。親鸞三十三回忌の翌年1295年(永仁えいにん3)に、初めて制作されたといわれる。覚如が二十六歳のときであった。

詞書ことばがき図絵ずえから成り、詞書の方を伝鈔でんしょう、図絵の方をでんと呼ぶ。御伝鈔は上下巻の二巻構成で上巻八段、下巻七段に分かれる。御絵伝は四ふくにまとめられている。御伝鈔の初版は1336年(けん3)に足利あしかが尊氏たかうじだい天皇てんのう覇権はけん争いによって、京の町が戦火と化した建武の乱によって本願寺ごと焼失したとされる。

現代の本願寺ではしょう報恩講ほうおんこうちゅうたいにあたる一月十三日の初夜しょや (15:30~)、正信しょうしんのおつとめが終わってから本願寺どうしょく拝読はいどくする。2019年においては15:54頃からの拝読はいどくであった。

御伝鈔の構成

上巻

  • 一段 出家しゅっけ学道がくどう
  • 二段 吉水きっすい入室にゅうしつ
  • 三段 六角ろっかく夢想むそう
  • 四段 蓮位れんい夢想むそう
  • 五段 選択せんじゃく付属ふぞく
  • 六段 信行しんぎょう両座りょうざ
  • 七段 信心しんじん諍論じょうろん
  • 八段 入西にゅうさい鑑察かんざつ

下巻

  • 一段 師資しし遷謫せんちゃく
  • 二段 稲田いなだ興法こうぼう
  • 三段 弁円べんねん済度さいど
  • 四段 箱根はこね霊告れいこく
  • 五段 熊野くまの霊告れいこく
  • 六段 洛陽らくよう遷化せんげ
  • 七段 廟堂びょうどう創立そうりゅう

以上が上下巻の内容となる。

参考文献

[1] 『浄土真宗聖典 -註釈版-』(本願寺出版社 2000年)
[2] 『聖典セミナー 親鸞聖人絵伝』(平松令三 本願寺出版社 1997年)
[3] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[4] 『絵物語 親鸞聖人御絵伝 -絵で見るご生涯とご事蹟-』(本願寺出版社 2015年)
[5] 『浄土真宗聖典 御伝鈔 御俗姓(現代語版)』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2020年)

関連記事

御伝鈔(上巻)を読んで
下巻はこちら 第一段 出家学道(しゅっけがくどう) 最初は親鸞(しんらん)の生(お)い立(た)ちが記載されている。親鸞は藤原鎌足(ふじわらのかまた......
御伝鈔(下巻)を読んで
上巻はこちら 第一段 師資遷謫(ししせんちゃく) 下巻のはじまりは承元(じょうげん)の法難(ほうなん)といわれる事件のことから綴(つづ)られている......
親鸞
浄土真宗の宗祖。鎌倉時代の僧侶。浄土宗の宗祖である法然の弟子。
覚如①
覚如 (1270-1351) 浄土真宗の僧侶。本願寺四祖(しそ)の一人。 「覚如②」はこちら 誕生 覚如は1270年(文永(ぶんえい)7)に宗祖......
覚如②
「覚如①」はこちら 本願寺建立から後世への執筆 覚如(かくにょ)は唯善(ゆいぜん)が破壊した廟堂(びょうどう)を再建することから留守職(るすしき)......
報恩講
報恩講(ほうおんこう) 「報恩講」とは浄土真宗の開祖である親鸞の祥月命日を機縁に行われる最も大切な法要である。また、正しい命日という意味から「御正忌(ご......