本願寺四祖

【ほんがんじしそ】

四祖とは本願寺第3代覚如かくにょ(1270-1351)・第8代蓮如れんにょ(1415-1499)・第11代顕如けんにょ(1543-1592)の3人と、直近ちょっきんに亡くなった門主もんしゅしゅうしゅともいう)のことである(現時点では第23代しょうにょ(1911-2002)を指す)。蓮如顕如の三人はそれぞれ鎌倉時代・室町時代・づち桃山ももやま時代という動乱の時代で、親鸞しんらんが教えたじょうしんしゅうをさらに世へ発展することに成功した人物である。

本願寺は四祖の祥月命日しょうつきめいにち逮夜法要たいやほうよう(前日の十四時)にて五会ごえ念仏ねんぶつ作法さほうつとめる。これは、念仏が五種の音階(きゅうしょうかく)で変化する珍しい作法である。祥月命日の晨朝勤行じんじょうごんぎょうでは「正信しょうしん念仏ねんぶつ」(「正信偈しょうしんげ」)をぎょうで勤める。日中法要(当日の十時)ではさん阿弥陀あみだぶつ作法さほうを勤める。これは曇鸞どんらんだいあらわした『讃阿弥陀仏偈』を元にした作法で、「正信偈」のしゃくだんにも書かれた阿弥陀あみだぶつじゅう光讃こうさんたたえている。これらの作法は作法の中でもにぎやかではなやかな印象がある。

参考文献

[1] 『浄土真宗本願寺派 法式規範(改訂版)』(浄土真宗本願寺派 勤式指導所 本願寺出版社 1999年)

関連記事

覚如①
覚如 (1270-1351) 浄土真宗の僧侶。本願寺四祖(しそ)の一人。 「覚如②」はこちら 誕生 覚如は1270年(文永(ぶんえい)7)に宗祖......
覚如②
「覚如①」はこちら 本願寺建立から後世への執筆 覚如(かくにょ)は唯善(ゆいぜん)が破壊した廟堂(びょうどう)を再建することから留守職(るすしき)......
蓮如
蓮如(1415~1499)浄土真宗の僧侶。本願寺中興の祖。 誕生 蓮如は、1415年(応永22)に後の本願寺第7代、存如(ぞんにょ)の長男として生まれ......
顕如
顕如 (1543-1592) 浄土真宗の僧侶。本願寺四祖(しそ)の一人。 誕生 顕如は、1543年(天文(てんぶん)12)1月6日に誕生する。本願寺第......
親鸞
浄土真宗の宗祖。鎌倉時代の僧侶。浄土宗の宗祖である法然の弟子。
命日
毎月の故人が亡くなった日と同じ日のことを「命日」という。また毎年の故人が亡くなった月と同じ月のことを「祥月(しょうつき)」といい、その月の命日は「祥月命日」とい......