韋提希(ヴァイデーヒー)

【いだいけ】

韋提希いだいけは、マガタ国の国王頻婆娑羅びんばしゃら(ビンビサーラ)のきさきで、後の国王阿闍世あじゃせ(アジャータシャトル)の母である。サンスクリット(梵語ぼんご)でヴァイデーヒー、パーリ語でヴェーデーヒー。漢訳かんやくでは、「韋提希」「韋提希夫人ぶにん」「毘提希びだいけ」「勝身しょうしん」などと記される。

ある時、王舎城おうしゃじょう(ラージャグリハ)で、釈尊しゃくそんのいとこにあたる提婆達多だいばだった(デーヴァダッタ)が、おのずから教団のリーダーになろうとのくわだてに息子阿闍世を利用する事件が起きた。阿闍世は国王頻婆娑羅から王位を奪い、幽閉ゆうへいし、やがて死にいたらせる。韋提希は幽閉されて食物すら与えられない頻婆娑羅を助けようとしたが失敗に終わり、彼女も幽閉されることとなった(仏教知識「提婆達多」「阿闍世」参照)。この幽閉が解かれたのは、頻婆娑羅の死後であった。そして、父を殺した後悔で病にかかった阿闍世を献身的に看病したとされる。何歳で亡くなったかはわかっていない。

仏説ぶっせつかん無量寿むりょうじゅきょう』では、釈尊の説法せっぽうの相手である対告衆たいごうしゅとなっている。そこでは、王舎城における母韋提希の苦悩を記しながら、「凡夫ぼんぶ」として浄土じょうど往生おうじょうする称名念仏しょうみょうねんぶつすくいを説いている。

参考文献

[1] 『岩波 仏教辞典 第二版』(岩波書店 2002年)
[2] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[3] 『ブッダ その思想と生涯』(前田專學 春秋社 2012年)
[4] 『中村元選集〔決定版〕第14巻 原始仏教の成立』(中村元 春秋社 1992年)
[5] 『浄土真宗聖典 顕浄土真実教行証文類(現代語版)』(本願寺出版社 2000年)

関連記事

頻婆娑羅(ビンビサーラ)
釈尊在世(しゃくそんざいせ)の頃のマガダ国の王。サンスクリット、パーリ語ともにビンビサーラ。漢訳(かんやく)では頻婆娑羅(びんばしゃら)と記される。ラージャグリ......
阿闍世(アジャータシャトル)
阿闍世(あじゃせ)は、マガタ国の国王頻婆娑羅(びんばしゃら)(ビンビサーラ)と王妃韋提希(いだいけ)(ヴァイデーヒー)との間に生まれた。サンスクリット(梵語(ぼ......
提婆達多(デーヴァダッタ)
提婆達多(だいばだった)は、釈尊(しゃくそん)の十大弟子(じゅうだいでし)の一人である阿難(あなん)の兄で、釈尊とはいとこにあたり、年齢は釈尊より30歳ほど若か......
釈尊
誕生 釈尊(しゃくそん)は、紀元前624年~463年頃(諸説あり)、ネパール南部のルンビニー(現在ルンミディ村)で、コーサラ国の属国であるカピラヴァストゥ(......
観無量寿経(仏説観無量寿経)
成立 一巻からなる。浄土真宗の根本経典「浄土三部経」と呼ばれる経典の中の一つ。『無量寿仏観経(むりょうじゅぶつかんぎょう)』『十六観経(じゅうろくかんぎょう......