【こう】

いつから?

こうはインドから中国を経由して日本へ仏教ぶっきょう伝来でんらいとともに、仏前ぶつぜんそなえものとして渡来とらいした。日本ではじめての香の記録としては、『日本にほん書紀しょき』595年(推古すいこ天皇3)4月のじょうに、交易こうえきの船が香木こうぼくを積み、渡来していて、難破なんぱし、淡路島に流れ着いたので島民がたきぎと一緒に香木こうぼくと気付かずかまいたところ、これまでにいだことのない香りがしたので朝廷ちょうてい献上けんじょうしたとある。この香木は沈香じんこうを指し、樹木じゅもくに傷が付いた時や、枯れて土の中に埋もれた時などにきんの作用で樹脂じゅし凝集ぎょうしゅうしたものである。これを水に入れると樹脂分の重さで水に沈むので沈香と称され、樹脂分が少なく沈まないものは桟香せんこうと称される。

飛鳥あすか時代後期には天皇や大臣、僧侶などが、香炉ごうろ(手に持つ形状の香炉)で香木をきざんだ抹香まっこう(粉末状の香)で焼香しょうこうが行われていた。奈良時代には香がさらに展開され、遣唐使けんとうしにより薫物たきもの(数種の香木を混ぜ合わせたもの)も伝わりこれも供香ぐこうとして使用される。平安時代には薫物は寺院の儀礼としての供香だけではなく、宮廷の貴族の間で、室内に香をただよわせたり、伏籠ふせご(香の火が直接当たらないように香炉の上からかぶせる網状あみじょうかご)によって衣類に香を焚きしめるなど楽しむためにも使用されていた。

しばらく香の使用は皇族や寺院、貴族階級によるものだったが、江戸時代に入り、民衆にも徐々に広まることになる。江戸時代初期に五島一官が中国の福州ふくしゅうから長崎に渡来し、製造をはじめたとされる。線香の形態として香木を材料とし、粉末にして、それをのりなどで固めたものである。後に、線香は仏への供香の他、禅院ぜんいんでは、座禅ざぜんの時に線香で時間を計られるようになった。また、僧侶だけではなく、民衆の間でも多く使われ、お茶屋ちゃやの座敷の時間を計る際にも用いられていた。

供え方は?

浄土真宗の供え方としては香炉の大きさに合わせ適当な長さに折り、横に寝かせてお供えする。江戸時代に線香が広まるまで浄土真宗じょうどしんしゅう本願寺派ほんがんじはでは、常香盤じょうこうばんというはいの入った容器に木の板などで凹み部を作りそこに抹香を入れはしに火をつけて燃やしていた。そのならわしにじゅんじて横に寝かせてお供えするようになった。

なぜ供えるのか?

浄土真宗では次のような意味となる。

そうしたお香をかぐことによって清らかなお浄土を想い、さらには、誰かれと差別することなくゆきわたるお香の薫りから、如来さまのわけへだてなく注いで下さるお慈悲の心にも触れさせていただきましょう。

(『仏事のイロハ』P.34より)

参考文献

[1] 『香の文化史 ~日本における沈香需要の歴史~』(松原睦 雄山閣出版)
[2] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2013年)
[3] 『仏事のイロハ』(末本弘然 本願寺出版社 1986年)
[4] 『浄土真宗マンガ仏事入門』(岡橋徹栄 広中健次 本願寺出版社 1998年)

関連記事

焼香
焼香の作法は『浄土真宗本願寺派法式(ほっしき)規範(P.8)』によると以下のようになっている。 (1) 香炉(こうろ)の前に立ち止まり一揖(いちゆう)。 ......