焼香

【しょうこう】

焼香の作法は『浄土真宗本願寺派法式ほっしき規範(P.8)』によると以下のようになっている。

(1) 香炉こうろの前に立ち止まり一揖いちゆう

(2) 進んで着座。

(3) 香盒こうごうふたをとり、右縁にかける。

(4) 香を一回つまみ香炉に入れる。

(5) 香盒の蓋を閉じる。

(6) 合掌礼拝。

(7) 起立して右足から後退。

(8) 足を揃えて一揖。

(9) 退く。

一揖いちゆうとは揖拝ゆうはいともいう。これも『浄土真宗本願寺派法式規範』によると

揖拝とは、起立の姿勢で合掌をせずに上体を約十五度前方に傾けてから、おもむろに元の姿勢にもどすことをいう。 (法式規範1999年第二版 P.5より抜粋)

一揖、揖拝は敬礼動作にあたるので、焼香前にあらためて合掌をする必要はない。

他宗の作法では香を押しいただくこと(つまんだ香を額に持って行く作法)があるが浄土真宗では押しいただく必要はない。 つまんだ香そのものに利益りやくなどはないという意味である。

また、会館などで背の高い焼香じょくを使用している場合は、起立したまま焼香をする。

参考文献

[1] 『浄土真宗本願寺派 法式規範(改訂版)』(浄土真宗本願寺派 勤式指導所 本願寺出版社 1999年)

関連記事

合掌 礼拝
古来インドで始まった礼法で、今日でもインド、東南アジアの仏教国では、合掌をして挨拶をする文化がある。 先ず、右手は清らかなものや知恵を表す仏の象徴といわれ......