無量寿経(仏説無量寿経)

【むりょうじゅきょう】

成立

上下全二巻からなる浄土真宗の根本所依こんぽんしょえの経典。『大無量寿経』、『大経』、『大本だいほん』、『双巻そうかんきょう』などとも呼ばれる。梵語ぼんご(サンスクリット)での原題は『スカーヴァティー・ヴィユーハ(極楽の荘厳しょうごん)』。従来は曹魏そうぎ康僧鎧こうそうがい(生没年不詳・紀元三世紀ごろ)が漢訳したとされていたが、近年では東晋とうしん仏陀ぶっだ跋陀羅ばっだら(359-429)と劉宋りゅうそうの宝雲(375?-449)が紀元411年ごろに共訳したという説が有力である。

異訳に『大阿弥陀経』『平等びょうどうがくきょう』『如来にょらい』『荘厳しょうごんきょう』の四部が現存するが、他に七部の漢訳が存在したとされ、「五存七欠ごぞんしちけつ」と言われている。

構成

序分(第一段~第三段)

通序にあたる「証信序」と別序にあたる「発起ほっき序」に分けられる。証信序においては、この経典が成立した「信」(如是)、「聞」(我聞)、「時」(一時)、「主」(仏)、「処」(王舎城耆闍ぎしゃ崛山くっせん)、「衆」(大比丘びくしゅ)の六事が説かれる。続く発起序においては、仏弟子の阿難が釈尊に対して、その相好そうごう(すがた)がいつにもまして気高く清らかなこと(五徳ごとく瑞現ずいげん)に対して質問をしたところ、釈尊は

「如来はこの上ない慈悲の心で迷いの世界をお哀れみになる。世にお出ましになるわけは、仏の教えを説き述べて人々を救い、まことの利益を恵みたいとお考えになるからである。」 (『浄土三部経(現代語版)』P.14 より)

と応え、今から説く教えが「出世しゅっせ本懐ほんがい」の経であることを示した。

正宗しょうしゅう分(第四段~第四六段)

まず、法蔵菩薩の発願ほつがん(四十八願)と修行、そして阿弥陀如来として成仏した「弥陀成仏の因果」が説かれ、それを受けるかたちで阿弥陀如来としていまも衆生を救い続けている「衆生往生の因果」が説かれる。

次に釈尊は弥勒みろく菩薩に向かって、浄土を求め穢土えどいとう「浄穢じょうえ欣厭ごんえん」を説き、貪欲とんよく瞋恚しんに・愚痴の「三毒」と「五悪」を誡め、この教えを疑いなく信じることを勧めるために胎生たいしょう化生けしょうを判定した「胎化得失」を説く。この正宗分は全四十三段より構成される。

また、法蔵菩薩が師である自在王仏を讃えた「讃仏」、法蔵菩薩の発願のあとに重ねて誓いを立てた「重誓偈」、釈尊が菩薩の往還おうげんと諸仏の讃嘆を説いた「往覲おうごん偈」の三つの偈文げもんがあり、「讃仏偈」と「重誓偈」は浄土真宗の日常の勤行に用いられることも多く、広く親しまれている。

流通るづう分(第四七段~第四八段)

最後に釈尊はこの教えが間違いなく後世の人々に伝わり、普及されるように弥勒菩薩に一念とともに引き継ぎ(弥勒付属)、末法まっぽうの世に聖道しょうどうの法が滅んでもこの教えだけは人々を救いつづけると説いた。釈尊が説き終わると、世界はひかりに包まれ、大地は震動し、天より花が降りそそぐなか、この教えを聴いていた人々の歓喜の声で経典は終わる。

親鸞にとっての『無量寿経』

親鸞はその主著『顕浄土真実教行証文類』(教行信証)の教巻の始めに

「それ真実の教をあらわさば、すなわち『大無量寿経』これなり」 「ここをもって、如来の本願を説きて、経の宗致しゅうちとす。すなわち、仏の名号をもって、経の体とするなり。」 (『浄土真宗聖典 -註釈版 第二版-』 P.135 より)

と書き、『無量寿経』こそが浄土の真実を説いた教えであるとした。そして、その教えの根本が「本願」であり、「名号」(南無阿弥陀仏)がそのはたらきとしてわたしたちに届いていることを示し、数多くの経典の中でも最も重要なものとしてとらえている。

また、正信偈においては

「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」(如来世に興出ごうしゅつしたまう所以ゆえんは、ただ弥陀の本願海を説かんとなり)

と、この『無量寿経』が阿弥陀如来の本願を説くための教えであり、釈尊の出世しゅっせ本懐ほんがいの経典であると讃えている。

参考文献

[1] 『真宗シリーズ6 真宗聖典学① 浄土三部経』(信楽峻麿 法蔵館 2012年)
[2] 『大無量寿経の現代的意義』(早島鏡正 本願寺出版社 1990年)
[3] 『大無量寿経を読む』(里村専精 彌生書房 1988年)
[4] 『浄土三部経の研究』(藤田宏達 岩波書店 2007年)
[5] 『浄土真宗辞典』(浄土真宗本願寺派総合研究所 本願寺出版社 2014年)
[6] 『浄土真宗聖典 -註釈版 第二版-』(教学伝道研究センター 本願寺出版社 2009年)
[7] 『浄土真宗聖典 浄土三部経(現代語版)』(浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会 本願寺出版社 1996年)

関連記事

阿弥陀経(仏説阿弥陀経)
成立 一巻からなる。浄土真宗の根本経典「浄土三部経」と呼ばれる経典群の中の一つ。『小経』、『小本』、『護念経(ごねんきょう)』、『四紙経(ししきょう)』など......
観無量寿経(仏説観無量寿経)
成立 一巻からなる。浄土真宗の根本経典「浄土三部経」と呼ばれる経典の中の一つ。『無量寿仏観経(むりょうじゅぶつかんぎょう)』『十六観経(じゅうろくかんぎょう......
和讃
和讃とは 和語(日本語)で仏(ぶつ)・菩薩(ぼさつ)・高僧(こうそう)の徳や教えを讃(たた)える歌をいう。仏教を日本的に解釈した親しみやすい仏教讃歌として平......